インテリア照明や用語でわからないことはコチラで!

インテリア照明用語集

HIDランプ(エイチアイディーランプ)
高輝度放電灯のこで、水銀ランプ、メタルハライドランプ、高圧ナトリウムランプの総称。高効率、高輝度、長寿命で大規模空間での照明に適しているなどの特徴がある反面、安定器が大きく、始動時間が長く、全般的に演色性が悪い。
LED(エルイーディ)
Light=“光る”Emitting=“出す”Diode=“ダイオード”の略です。電流を流すと発光する半導体素子の一種のことで、白熱灯や蛍光灯に比べて長寿命で小さな電圧で点灯が可能です。最近になって青色ダイオードが実用化されたため、赤・青・緑の光の三原色が揃い、白色を含む様々な色の光を作ることができるようになりました。発光ダイオードとも呼ばれます。
インバーター(インバータ)
周波数を変換してモーターの回転数をコントロールし、パワーを調整する装置のことです。インバーター式蛍光灯は、明るくちらつきがない、軽い、省エネなどの長所があります。
クリプトン電球(クリプトンデンキュウ)
クリプトンガスを使用し、長寿命、高効率を可能にしたランプのことを言います。ショーウィンドウ、ディスプレイ、スタンド、シャンデリアなどに使われます。クリプトンランプとも呼ばれてます。
グレアー(グレア)
「ぎらぎらする光」という意味で、目に不快感や疲労感を感じさせるまぶしさのことを指します。
ソフトスターター(ソフトスタータ)
スイッチを入れてからゆっくりと点灯する照明器具のことです。夜間のトイレなどでも急にまぶしく点灯しないので、目への負担を軽減できます。
ハロゲン電球(ハロゲンデンキュウ)
白熱灯の一種で、電球の内部に微量のハロゲン物質を含む不活性ガスを封入した、小型で高効率、長寿命の電球です。
プルレススイッチ(プルレススイッチ)
壁スイッチのON/OFFを素早く「カチカチッ」と連続で行うことで、照明の明るさ切り替えができるスイッチのことを言います。このスイッチのライトと組み合わせるとなおGood!
ルクス(ルクス)
照らされる面の明るさを示す照度のことを言います。照明プランの重要な基準となります。
ワット(ワット)
消費される電気エネルギー(電力)のことをいいます。この値が大きいほど電力を多く消費します。
演色性(エンショクセイ)
光源(照明)の種類によって物体の色が異なって見える性質のことを言い、自然光で見た場合の色に近いほど演色性が良いと言われてます。
水銀灯(スイギントウ)
真空管内の水銀の蒸気の放電による発光を利用したランプのことです。高圧水銀灯と低圧水銀灯があり、道路の照明や殺菌灯として利用され、低圧水銀灯の発光管の内側に蛍光物質を塗布したものが蛍光灯です。
非常灯(ヒジョウトウ)
停電などの非常時でも避難ができる様に、内蔵のバッテリーによりランプを点灯させる非常用照明のことです。床面で1ルクス以上、30分間明るさを保たなければならなりません。一般住宅で設置の義務はありません。

ページの上部へ

SIDE MENU