照明器具のメンテナンス・手入れ方法

キレイにライトアップした部屋は掃除もしっかりと

セード、グローブ、ランプなどはいくら高価な照明器具を使っていても、
汚れたままにしておくと明るさが著しく低下し、1年間お手入れをしないと20%以上低下します。

台所など汚れやすい場所では40%も低下する場合もありますので、適切にお手入れしていただくことで明るさを保つことができます。
送料がかからなくてお得な通販サイトで購入した家具や照明を長く使う為にもメンテナンスはしっかりと!

素材別手入れ方法

金属・プラスチック

やわらかい布かスポンジに薄めた中性洗剤を含ませ、よく絞ってから拭き、拭き終わったあと、もう一度水拭きをして乾かします。
※傷つきやすい素材なので、クレンザーやたわしなどは絶対に使わないでください。

メッキ

乾いたやわらかい布でほこりや汚れをカラ拭きします。 濡れた布で拭くと、サビや変色の原因となるのでご注意しましょう。
※デリケートな素材なので洗剤はなるべく使わないでください。

シリコンゴム

乾いた布でほこりを払い、汚れが目立つ場合よく絞った布で拭き取ってください。
柔らかく、ぶつけても壊れないので素材なので、特に慎重に取り扱う必要がない便利です。

ガラス

やわらかい布やスポンジを軽く濡らして拭いた後、乾いた布で水気が残らないように拭き取りましょう。
※消しガラスの場合は、素手で触ると指紋がつくことがあるので必ずゴム手袋をご使用を忘れずに。

アクリル

ハケやブラシ、ハタキなどでやさしくほこりを払って、その後乾いた布で乾拭きします。
汚れが落ちにくい素材ですので普段からの細めなお手入れが必要です。
※木・和紙・アクリル部分は器具の変形や破損につながる恐れがあるので、水拭きはしないでください

木・和紙

ハケやブラシ、ハタキなどでやさしくほこりを払って、その後乾いた布で乾拭きします。汚れが落ちにくい素材ですので普段からの細めなお手入れが必要です。
※木・和紙・アクリル部分は器具の変形や破損につながる恐れがあるので、水拭きはしないでください。

灯具別

ダウンライト

ダウンライトはカバーやルーパなどを外してお手入れします。
外したパーツはそれぞれ拭き、埋め込み部分の器具本体はランプを外し、電気掃除機に細口ノズルをつけてホコリを吸い出します。

ブラケット

ブラケットは、グローブなどを外して掃除し、外せないところは石鹸水を含ませたやわらかな布等で拭きます。
このとき水気が器具内部に入り込まないよう、充分に注意しましょう。

浴室灯

防湿型器具は、グローブを片手でしっかりと支えながら取り外し、お手入れします。
その際、ゴムパッキンの点検もお忘ずにしましょうく。パッキンが劣化すると器具内に水気・湿気がはいる
恐れがあるので、早めに取り替えるようオススメします。

庭園灯

耐水性・対候性にすぐれている庭園灯ですが、ホースで水をかけるのは禁物です。
取り外したカバーやグローブの汚れは石鹸水などで拭き取りましょう。
その際、グローブのひび割れなどがしてないか、確認するようにしましょう。

ランプのお手入れ・交換時の注意

※お手入れや交換時には、必ず器具の電源をOFFにしましょう!

交換時の注意点

器具のお手入れは、危険ですので必ず電源を切りランプの熱が冷めるのを待ってから行いましょう。
また濡れた手で器具に触れると感電する恐れがありますので注意しましょう。

LED蛍光灯

省エネ・省電力に関心が高まる最近では、わずかな消費電力のLED蛍光灯が人気です。省エネだけでなく長寿命なところもエコです。

使用済みランプの捨て方

使用済みのランプは割らずに、市区町村の指示に従って処理をしてください。
また割れやすいランプをゴミとして捨てるときは、ケガを防ぐため必ず安全の気配りを忘れずにしてください。
ガラスが飛び散らないように新聞紙や、布などで厳重に保護しランプと明記し処分するようにしましょう。

pickup

Last update:2016/10/11

ページの上部へ

SIDE MENU