リビングをインテリア家具と照明でコーディネート

リビングのインテリア構築例

インテリア照明について、少しは詳しくなりましたか?今回は一例として、リビングでのインテリア構築の例を挙げてみたいと思います。
インテリア入門としても役立つと思いますので、リビングルームの参考にまずは読んでみてください。(`・ω・´)

リビングにあうソファでインテリアを楽しもう

ソファと一口に言っても色々なソファが有ります。此処ではそんな色々なソファで迷わないように、リビングに合うソファについて紹介します。
リビングスペースや家族構成、配置家具によってソファのタイプも変わってくると思います。購入してから、テレビボードとソファがこんなに近くて見づらい…などないように皆さんにもこれをきっかけにリビングのソファについて見直して頂ければと思います。

リビングに合うソファ:スツール

このスツールはリビングに合うソファに付属する家具と言ってもいいでしょう。皆さんはこのスツールが何か御存知でしょうか。このスツールとは、背もたれと肘掛の無い一人用の椅子の事です。それではスツールにはリビングでどのような使い道が有るのでしょうか?

スツールにはお客様用の補助椅子としてや、或いはソファと一緒にオットマン(足のせ台)として使用する等、リビングでは様々な使い道が有ります。皆さんもリビング用のソファを購入する場合に、これらスツール等の周辺のグッズを一緒に買い求めてみてもいいのではないでしょうか。

リビングに合うソファ:一人掛けソファ(1P)

今回はリビングにマッチするソファです。此処からの紹介は言わばリビングに置くソファの大きさと言う事になります。
この一人掛けのソファは、パーソナルソファ(パーソナルチェアー)とも呼ばれていて、文字通り一人掛けのソファの事です。ちなみに1Pとは「one person」の略です。本来ソファとは三人掛けのくつろげる長椅子の事を指します。ですが最近では一人掛けの椅子であっても、もしそれがリビングでくつろげる椅子ならばソファと呼ばれるようになってきました。

この一人掛けのソファにもリビングでは色々な置き方、楽しみ方が有ります。例えばリビングで一人掛けソファをオットマンと組み合わせたり、或いは三人掛けソファと一緒に組み合わせたりする事も出来ます。そうして一人掛けソファをリビングにおき、リビングのくつろぎ空間を彩るソファの購入は送料無料の家具ショップを利用してみるのもいいかもしれませんね。

リビングにあうソファ:二人掛けソファ(2P)

先にリビングようとして一人掛けのソファについて紹介しましたが、同じようにリビングには二人掛けのソファも似合います。二人掛けのソファを別名ラブソファ(ラブシート)と言います。この二人掛けソファの場合、その幅は140cm前後になる事が多いようです。

この二人掛けのソファは、その名前の通り恋人や友人とリビングで一緒に過ごす為のソファです。ですがゆったり座れる為リビング用としてもよく購入されます。二人掛けのソファはそんなスタンダードなソファでもあります。?

リビングに合うソファ:2.5人掛けソファ

此処までリビングようとして、一人掛け、及び二人掛けのソファについて紹介してきました。二人掛けのソファのうち、ゆったり座れる二人掛けのソファを2.5人掛けソファと呼ぶ事も有ります。

三人掛けのソファの場合はソファの座面が三分割、二人掛けソファの場合は座面が二分割されています。ですがこの2.5人掛けソファの場合は座面を2.5分割、と言うのではなく座面を広めに二分割しています。そのため、リビングでの使用例に幅が出る為、リビングでは非常によくマッチします。

リビングに合う照明とソファを組み合わせよう

リビングにあうソファを知ったところで、次はリビングにあう照明器具の種類、と言う事で照明器具に関する話を進めています。
皆さんもこの記事を御覧になった事をきっかけに、リビングでのインチリアに興味を抱いて頂ければと思います。

リビングであわせたい照明器具:スポットライト

照明器具としてのスポットライトについては、皆さんもよく御存知か、と思います。
スポットライトは、言ってみれば照明を照らしたい場所に対して光を当てる事が出来ると言う照明器具です。

このスポットライトは先に紹介したように、意図的に照らしたいところに光を向ける事が出来ます。
ということは、照明器具であるスポットライトは、リビングの「ソファ」や「テーブル」等を照らす事に利用できると言う事です。
これが数ある照明器具の中でも、スポットライトの大きな特徴であるとも言う事が出来ます。

またスポットライトで使う電球の種類を変える事によって、スポットライトの光を照らす範囲を広げたり或いは狭くしたりする事が出来ます。
スポットライトもリビングでは色々な使い方が出来るのです。

リビングにあわせたい照明器具:ペンダント(吊り下げ灯)

数ある照明器具の中で、天井から吊り下がっている照明器具の事をペンダントと言います。皆さんも御存知のように首から提げる装飾品をペンダントと言いますが、同じように天井から下げる照明器具をペンダントと言います。このペンダントはリビングでのインテリアでも重宝します。

このペンダントですが、リビングでテーブルを照らす事に利用される事が多くなっています。そして通常の場合、テーブルの上から70?80cm位の場所に吊り下げます。またペンダントの高さによっては、光源が目に入ってその結果眩しくなってしまう場合が有ります。

もっともその場合は所謂コードの高さの調整で回避する事も可能です。ですがあまり低くしてしまうと今度は邪魔になる事も有ります。
背の高い人等は頭をリビングでぶつけてしまう事も有るので注意が必要です。

リビングにあわせたい照明器具:ダウンライト

天井等壁に埋込まれた四角や丸型の照明器具です。スポットライトの同じ役割を持つ場合もありますが、部屋の演出に一躍かっているのがこのダウンライトになります。電球を使用しているタイプのダウンライトであれば、調光機能をつける事で明るさの調整が可能になります。最近では、天井ではなく床に付けられる事もあります。
リビングにあわせたい照明器具:スタンド

照明器具にも色々有ります。そんな照明器具の中で、このスタンドと呼ばれる照明器具については、皆さんもよく御存知なのではないでしょうか。
言うまでも無く照明器具としてのスタンドは、床等に置いている照明器具です。
ひょっとしたら、既に皆さんのリビングにも恐らくこのスタンドが有るのではないでしょうか。

スタンドは特にホテル等のリビングで、ソファの横に置かれている事が多い照明器具です。またスタンドは照明器具の中でも、特に照明の補助役として利用される事が多くなっています。また、スタンドはダウンライトと同じようにリビングの演出に使われる事も有ります。

リビングのでのインテリアコーディネート

如何でしたか。此処までリビングに合うインテリアの知識として、色々なソファや照明について紹介しました。皆さんのリビングつくりの参考になったでしょうか。
皆さんのリビングに有る照明器具は登場したでしょうか。或いは皆さんもよく御存知の照明器具も登場したでしょうか。

先にも紹介したようにインテリアの知識について語る上で、照明器具は欠かす事の出来ない存在です。
照明器具はインテリアの中でもリビング等の部屋作りに大きなウエイトを占めていると言ってもいい存在です。

先にも紹介したようにリビングでのインテリアに興味の有る皆さんは、是非とも照明器具についてもよく理解を深めておいて頂きたいものです。
リビング似合うソファや家具、 照明器具にこだわってほしいものです。
以上で紹介した照明器具に関する記事を、皆さんのリビングでの照明器具選びに、そしてリビングのインテリアコーディネートにお役立てください。

ページの上部へ