照明器具の照らし方や明るさの違い

照明器具の基本知識として

照明は照らし方によって、直接照明と間接照明に大きく分けられます。

直接照明は光を直接対象物に当てる方法。間接照明とは光を一度壁や天井に当て、そこからの反射で部屋を明るくするものです。インテリアのムードを重視する最近の傾向では、ただ明るいだけの直接照明だけでなく、間接照明を上手に組み合わせた照明計画が取り入れられるようになっています。
空間の演出に加えインテリア雑貨のディスプレイスペースにこだわる人もいるようです。しっかりと設計段階からディスプレイスペースをつくっておき、照明もディスプレイ用にスポットライトや間接照明を設計するほどです。雰囲気によってアンティーク雑貨で固めているかもしれませんし、様々なスタイルに光りを調節するのも醍醐味です。

また、器具の種類によっては、部屋全体をまんべんなく照らす全般照明と、 部分的に照らす局部照明に分けることもできます。取り付け位置も天井のほか、壁面に取り付けるブラケットや、床や机上に置くスタンドなどがあり、組み合わせるとより効果的な空間演出ができあがります。

このように、照明器具を上手に組み合わせ、インテリアを引き立てるには、設計段階から建築やインテリアと同時進行で照明計画を立てる必要があります。特に、間接照明は内装材の反射率に大きく影響されるため、事前に十分な検討が必要になります。

明るさと自然の摂理

朝焼けや夕焼けという言葉がありますが、朝夕の太陽の色は暖色系の色をしてます。
暖色系の色は人をリラックスさせる効果があり、反対に日中の青白い光は人を活発に活動しやすくなります。

つまり、日中、活発に仕事をして、夕方赤い光になるにつれて休息モードになるというサイクルができているのです。
こうした配慮して、照明にはいろいろな色調があります。休息の場や作業の場といった目的に合わせて色調を選択することが重要です。

色の温度と快適さ…

勉強部屋と休息の場である寝室では、それぞれに適した色調でないと不快となります。
休息の場は暖色系、活発に作業する部屋は蛍光灯など青系統の光を適材適所に選択しましょう。

光の明るさと快適性…

暖色系の光も、照度が高すぎると不快感をもたらします。反対に青白い光は、照度が高くないと作業もしにくく、不快となります。快適な光の範囲は、暖色系の光(=色温度の低い光)の場合は暗めの明るさに、寒色系の光(=色温度の高い光)の場合は、充分な照度があるようにすると快適ゾーンとなります。ベッドルームの明るさは注意ですね。

反射率…

室内が白系統の色に統一されていると、光が反射して明るくなります。
工事中の室内が何となく薄暗く、壁紙を張ると格段に明るく感じるのは光の反射率によります。
和風のじゅらく調の壁紙や壁材は、暗めの色調のものもあるので、部屋の内装の色調も照明計画には重要なポイントになります。

ランプの種類 白熱電球と蛍光灯

照明器具の検討で一番最初にすることは、光源を何にするかということ。現在、住宅では白熱電球と蛍光灯が、一般的な光源として使われております。

●白熱灯

メリット 物が立体的に見える点光源で調光も可能です。暖かみのある光色で、普通球、ボール球、クリプトン球と種類が多彩です。瞬間的に点灯するのが特微、後まで明るさに大きな変化はありません。 デメリット 点光源で影が出やすく、表面温度が高く、照度が高いとまぶしく厚くるしい感じになります。寿命が短く、交換頻度が多いのが難点です。

●蛍光灯

メリット 影が出にくく均一な明るさをもたらす面光源で、作業空間向きます。白色・昼白色電球色など光源も選択できます。寿命は長く経済的です。 デメリット 照度が低い場合は、陰気で寒い雰囲気になります。フラットな光のため、光と影の対比や、やすらぎ感を演出するときには不向きです。

NEXT

ページの上部へ

SIDE MENU