照明の特徴を押さえたルーム作り

部屋別の照明選びPartT -リビング・ダイニング・キッチン・寝室・和室-

照明プランは、それぞれの部屋の広さはもちろん、その空間の機能やそこで過ごす人のライフスタイルを考慮することが大切です。
それぞれの空間にふさわしい演出のノウハウや、あかりの組み合わせがあります。

家具通販で購入したり家具の知識を増やして、一緒にインテリアな部屋にしよう♪

豊富な種類の中からどんな照明器具を選ぶとよいのか、またお部屋のタイプや用途によってどんなものを選べばよいのかなど、部屋ごとに照明計画しましょう。

白熱灯と蛍光灯の使い分け

照明器具は部屋ごとに使い分けることが肝心です。

蛍光灯は、点灯時に一番電力を消費し、点け消しが多いとランプ寿命も短くなります。
従って一度点けたら長時間点灯している部屋の場合には、電気代が安く長寿命の蛍光灯が経済的です。

そのため、点け消しが頻繁で点灯時間の少ない部屋は白熱灯、点け消しが少なく、長時間明かりを使う部屋には蛍光灯というのが一般的になります。

リビング

くつろいだり、テレビを見たり、リビングは家族の多目的空間。リラックスできるソファは欲しいところです。

さまざまなシーンに対応できるよう、空間全体を照らす主照明のシーリングライトに加え、
ダウンライトやブラケットなどの補助照明も組み合わせた多灯づかいをして、
目的にあった最適な光が演出できるようにしましょう。

また、調光器などを設置しておくのも良いでしょう。

ダイニング

食事や会話の楽しさを増す雰囲気あるあかりを選びましょう。

白熱灯のペンダントライトがおすすめです。
テーブルをバランスよく照らし作った料理を美味しく鮮やかに演出してくれます。

ペンダントの取付位置はテーブル中央が基本ですが、
大きいテーブルでは小型のペンダントを2〜3灯使用したり、ダウンライトを多灯づかいするのもお洒落な方法。
手動昇降型ペンダントなら後片付けの際も高さ調節を簡単にできるので便利です。

キッチン

料理などの作業スペースなので、機能的な照明の使い方を心掛けましょう。。
隅々まで明るくすることが原則で、油汚れが付きやすいので、掃除しやすいタイプを選ぶと楽でしょう。
影のできにくい蛍光灯を主照明として、流し台やコンロ部分などに手元灯などの補助照明をシステムキッチンに組み込まむとよいです。

また天井灯は吊戸棚を開けても当たらない位置につけるか、または、埋め込み照明を使うとよいです。
棚下用のキッチンライトは、可動式スポットのついたタイプなら光の向きが自由に変えられるので便利です。

寝室

くつろぎの空間ですので、リラックス出来る柔らかな光の白熱灯か、蛍光灯でも暖かみのある色が良いでしょう。<

天井部分にシーリングライトやダウンライトなどの主照明を設けて、
枕元にすぐにつく手元灯や足元に常夜灯などがあると便利です。

寝室は一般の部屋に比べ照度は低くてもかまいません。横になったときに光源が直接目に入らないように配慮が必要。
ベットで点灯、消灯ができるリモコン付照明や、やすらぎ空間のためには調光できる照明も便利です。

和室

和室の天井の造作にはいくつかのタイプがあり、平天井なら制約がありませんが、
格子天井や船底天井なら吊り下げ式のペンダントは設置できますが、シーリングは設置できません。

片流れ天井の場合では、傾斜天井に対応した器具のみ設置可能ですので注意が必要です。
和室の内装材にあった、木や竹、和紙を使用した器具を使い、まぶしさの少ないやわらかな照明がオススメです。

check

Last update:2016/7/11

NEXT

ページの上部へ

SIDE MENU