快適な寝室作りのコツは照明とベッドの配置

快適な睡眠を確保できる寝室やベッドルームのレイアウト

空間には私たちがそこまで知らない固有な気勢らがある。 ただしこれが私たちの目には見えないで誰でも簡単に感じることができなくて統制するのに難しさが伴う。 私たちがなにげなく考えてきた空間やインテリアが持っている本来のエネルギーをよく利用すればその効果は非常に優れたものになる。 富において重要な空間は寝室だ。 インテリアを風水的にアレンジして幸運を招こう。

寝室入り口通路のインテリア

寝室は人の通路と同時に幸運とお金の通路だ。 家の気勢は寝室のドアを通じて入ってくる機宜量によって決定される。 寝室は内部と外部の境界なので良くて悪い気勢が交差する所であるから明るくてきれいでなければならない。 寝室照明が明るくてこそ家全体の気勢も向上する。 暗くて汚らしい寝室を経て入ってくる気勢が決して良いはずがない。

寝室は財物の防衛なので背が高いスタンドを社会活動や昇進、金銭運を上昇させてくれる。

寝室が家や建物に比例してとても大きければ虚栄心にけることになって、とても小さければ十分な気を受け入れなくなるので寝室の大きさは適切なのが良い。

寝室の東側は自身の努力ぐらいの成果はあるが金銭運が多少分散して、寝室西側は金銭運は上昇するが衝動購買などで支出がたくさん生じることがあるなど各方位別で縁起が良いこと、凶漢ものがあるのでよく選択しなければならない。

寝室のインテリア

寝室での金運の領域はとても重要なところだ。 寝室は一日の1/3以上を送る所であり一家庭のおとなが過ごす空間であるから重要なところだ。 したがってこちらの富の領域は家全体の金銭運に大きい影響を与える。

寝室は中心になければならなくて明るければ財物が集まらないので、明るくしすぎは良くない。 寝室南側に出入り口や窓があるならば灰色やベージュ色、濃厚な青色系統の花やカーテンなどで適切に分けてくれれば金銭運が上昇されることができる。
寝室のインテリアはすっきりと配置をして、可能な限り電子製品は寝室に置かない方が良い。

寝室でのベッドの位置

ベッドは壁にぴたっと付けずに20〜30cm程度はなして置いて、頭の部分が窓側にくるように配置する。
またドアを開けた時ベッドがすぐに見られないように対角線上に置く。

ベッドがトイレと近くあればトイレの気が ベッドの気を吸収することになって健康、金銭運を失うことになるので遠く配置して寝室のドアは必ず閉じておく。ベッドの高さがとても低ければ経済的な困難に出会うことがあるので注意しよう。 黄金色や黄色黄土色系列の寝具類を使えば金銭運が上昇されることができる。

寝室に配置するベッドにも拘るのであれば、こだわりに答える匠の家具、ソファベッドが個人的にイチオシです!

寝室での金銭運育てること

寝室は家の中心で見るとき全面部に置くことが活動的な気勢が多くて金銭運を上昇させることができる。 寝室空間が小さい平衡であるほど玄関の近くに寝室があった方が良い。寝室窓や出入り口を防ぐインテリアや暗い照明、故障した家電製品、枯れた植木鉢などを放置すれば支出が増えるだろう。 寝室東側や東南の側に水そうや室内噴水など生き生きしたエネルギーが結びついて良い気が発散されて幸運と財産の流れを円滑にしてくれる。

寝室で最も大きい比重を占めるのはベッドだ。 ベッドが寝室に比べて過度に大きかったり高級品ならばベッドが主人公になって人は脇役になって能力が思う存分発揮されることができなくて金銭運も落ちることになる。 寝室壁に花の絵はどこにかけても良い。 寝室で見える所に家族の写真を掲げても良い気を集める。

寝室のベッドに照明効果で更なる演出

寝室の知識として知っておきたい照明器具の種類、と言う事で寝室を素敵な空間にする照明器具に関する話を進めています。
皆さんもこの記事を御覧になった事を きっかけに、寝室の照明器具に興味を抱いて頂ければと思います。

寝室について理解する上で知っておきたい照明器具

先にも紹介したように照明器具にも色々な種類の照明器具が有ります。此処ではそんな照明器具について紹介して行きます。そして照明器具の中でも、建築照明について紹介します。皆さんはそんな建築照明について御存知でしょうか。建築照明とは照明器具の形や光源を直接見せないで、そして光の効果を取入れた 照明方法です。寝室にぴったりということになります。

寝室でベッドとあわせたい埋込型照明

此処では寝室のインテリアについて理解する上で、知っておいて得する建築照明について紹介して行きます。そんな建築照明にも色々な種類の建築照明が有ります。建築照明の色々有る種類のうち最初に紹介するのが埋込型照明と呼ばれる照明です。皆さんはこの埋込型照明について御存知でしょうか。

この埋込型照明とは、埋 込み型のダウンライト照明器具等を使用する事です。そんな埋込型照明を寝室に利用する事によって、天井面を広くすっきりしたイメージにもっていく事が出来ます。 皆さんもこんな埋込型照明を上手に寝室のインテリアに活用してみませんか。

寝室でベッドとあわせたいルーバー照明

寝室におきたい照明にも色々な種類の建築照明が有ります。二番目に紹介するのが、このルーバー照明と呼ばれる建築照明です。
このルーバー照明とは概ね以下のようなも のです。

光源の本体を寝室の天井等に埋込み、そして光が出る方向にルーバーを付けます。そうする事によって、例えばベッド等に座って読書やTVを見ていても、目に入 る光を見えなくする事が出来ます。寝室でのルーバー照明には以上のような効果が有るのです。

寝室でベッドとあわせたいコーブ照明

皆さんはこのこーブ照明と呼ばれる建築照明を御存知でしょうか。このコーブ照明とは、光源からの光を天井や壁等に反射させる事です。寝室で利用する事で柔らかい 効果、雰囲気を寝室で得ることがが出来る建築照明なのです。

もっともこのコーブ照明の場合、反射を利用する為に、照明の照度はあまり得られません。しかし、寝室でのベッドとの相性は◎!

寝室でベッドとあわせたいコーニス照明

寝室におきたいインテリアの照明四番目に紹介するのは、コーニス照明と呼ばれる照明です。このコーニス照明は、 寝室の壁等の垂直な面に照明器具を付ける事によって、上下に向かって照らす方法です。現在この記事を御覧の皆さんも、何処かでこのコーニス照明を御覧になった事 が有るのではないでしょうか。

寝室でベッドとあわせたいバランス照明

建築照明として紹介する五番目は、所謂バランス照明と呼ばれる建築照明です。このバランス照明は、建築照明の一種でもあります。皆さんはバランスと聞い て、何処かピンと来る所が有るのではないでしょうか。

このバランス照明とは、寝室におきたいの壁等の垂直面から上下に向かって照らす方法です。その仕組みは上部の光を天井 に反射させると言う事です。その事によって、寝室の空間を照らす事が可能になります。寝室におけるバランス照明の特徴です。

寝室でベッドとあわせたいコーナー照明

寝室に合う照明として、コーナー照明と呼ばれる照明が有ります。このコーナー照明では、寝室などの天井と壁面との境の隅に照明器具を取付ます。そして寝室の天井と壁面を同時に照らします。更に同時にそうして寝室の空間を照らす方法です。このコーナー照明によって、比 較的柔らかい光を寝室で得る事が出来ます。


如何でしたか。以上で寝室におきたい照明の大体の種類の紹介をしました。 建築照明にも色々な種類が有る事がお分かり頂けたかと思います。

先にも紹介したように寝室での照明効果はベッドルームのインテリアについて語る上での重要なアイテムであり、現在はベッドルームインテリアとしての照明器具にこだわる人が増えています。もちろん、寝室:ベッドルームでは、ベッドが重要であることは言うまでも有りません。

皆さんもそんな寝室・ベッドルームの効果や雰囲気作りに、照明や寝具の理解を深めてみませんか。


ページの上部へ

SIDE MENU